私の人生の岐路と迷い

高校を卒業後、専門学校へ進学しました。
2年半が過ぎ、多くを学んだ一方、このままでいいのかという疑問を持ちました。
元々地元の竹の塚の調剤薬局⇒ここに就職を考えていたのですが、地元には自分が学んでいることを活かす場がほばありませんでした。又、親元から離れ、奨学金を借りながらの一人暮らしは、自分自身も両親も負担が大きいものでした。そのため、時間とお金を無駄にしないためにも、学校を辞めて地元へ帰ることを決断しました。
地元に帰り、2ヶ月ほどがたち、現在は就職活動とアルバイトをしながら実家の家業が忙しい時期なので毎日手伝ってはいるのですが、やはり、自分の決断は正しかったのか迷いの多い毎日です。
特に情けなく感じるのはお盆で、同級生達が帰省してくる時に、学校の話や仕事の話、更には忙しくて帰ってくることができなかったなどといったみんなの頑張ってる様子を知った時です。仕事をしていないわけではないですが、実家なので割かし融通の利く状況、更には家事も家族と分担で行っています。完全に甘えてしまっているように感じます。
ふと、仕事の合間に長く休みの時間ができると、きっとみんなはこんな風に休む時間なんてないんだろうなぁ、と考えてしまいます。直接収入になる訳ではないですが、手伝えることがあり、家に入ると家族がいて、ご飯もお風呂も睡眠もストレス少なく過ごせている現在は、すごくいいことなのですがどこか情けないく感じます。
まだ、やらなければいけないことがたくさんあり、きちんと就職するまでは、この気持ちと共に頑張るしかないのだろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です